ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

「バイオセラピー」で改善

歯並びを治すのは機械的な矯正の力だけでなく、自分の「噛む」力がとても大切だとお話してきました。
食事などで自分の力を使って治す事を「バイオセラピー」といいます。 

症例

実際に「かむ」といったバイオセラピーで歯並びが改善したケースを見て頂きましょう。

ケース1 下顎を治療する事で上顎の成長が促された

 ケース1

下顎を広げて歯の並ぶスペースを作りました。しっかり噛んでいたので。上顎も促されてバイオロジカルに成長し、下の裏側にへこんでいた歯も舌の力で前に出て並んできました。

▲トップに戻る

おわりに

昔から、「食べ物はよくかみましょう」と言われます。消化を助けて健康になる「養生学」(ようじょうがく)として言われているわけですが、それだけではありません。 「よい顔」へと成長するためにかむのです。

毎日の食事で「よくかむ」ことが安定した歯並びへと導いてくれ、またそれがよくかめることへつながり、睡眠や運動などで生体バランスを維持することも健全な成長へと結びついてくるのです。

「自分の力で治す」バイオセラピーを意識することが大切です。
そして、家族そろっておいしい食事をすることが何よりも大切なのではないでしょうか。

▲トップに戻る

矯正歯科治療の相談

矯正歯科について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)