ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

床矯正・矯正治療のバイオセラピー 食育

「食べる」ことの第一歩は「かむ」ことから!

食育について

子どもの成長には、健全な食生活、運動や睡眠といった生活リズムによって、生体バランスを維持することが大切です。

健全な食生活とはどのようなものでしょうか?  栄養バランスさえ整っていれば良いのでしょうか? それだけではなく、しっかりかんで食事することや食事のリズムなどを考えることも必要です。

口は食べるためにあるのです。
大人1人が1日で3食で食べる量は約1.5kg強です。これは1年に換算すると約1トンです。1トンというと牛3頭分、またはサイ1頭分くらいです。この量が10cmに満たない大きさの口から入っていくのです!口の動きってスゴイと思いませんか?

毎日の食事で「よくかむ」ことが口の動きを活発にして、その刺激が歯だけでなく顔や首、脳まで影響し、骨格や筋肉を成長させるものです。この毎日の食事の差で、かむ力や筋肉の運動量は2倍も3倍も変わります。

歯並びを整えるのは先生が行う矯正の力だけではありません。歯は使うためにあるのです。毎日の食事で「よくかむ」ことで顎、筋肉と骨を育て、安定した歯並びを整えることで、またそれがよくかめることへつながっていくのです。

よって、毎日の生活で「よくかむ」「よい生活リズム」を意識することが大切です。
小林義典/咬合・咀順が創る健康長寿 日本学術会議咬合学研究連絡委員会(2004)

最後に

食生活の話で思い当たることがあったらそれをあらためること。
口が開いている、頬杖などの悪い習慣があればそれをあらためる。これらが今日からできる治療です。そして、もし装置を使った治療もしたいという事になったら矯正検査の予約をお取りください。

虫歯のある場合は小さいものであれば矯正治療をしながら治療することもできますので、ご安心ください。

▲トップに戻る

矯正歯科治療の相談

矯正歯科について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)