ご予約・お問い合せ TEL:03-5799-6668

小児矯正治療方法

小児(子供)の為の矯正歯科治療に使用する矯正装置には、様々なタイプがあります。
当院では、お口の中を総合的に審査・診断し、症状をご説明後、患者様個々に最適の矯正歯科治療方法・矯正治療装置をご提案させて頂きます。その後、ご了解を頂いた上で治療を行っていきたいと考えております。

治療ステップ

初診・カウンセリング(ご相談等)

まず初めに、問診及び口腔内のチェックを行い、最も気になるところはどこか、治療に関する心配や疑問点などについてお話を伺います。そして治療症例等を参考にして頂きながら、矯正治療全般について説明をさせて頂きます。

精密検査

矯正治療をご希望された患者様には、精密検査を行います。
現在の患者様の歯の状態を詳しく知る為と治療方針を決める為に、歯の写真やお顔の写真、歯や顎のエックス線写真、顎態模型を制作する為の歯列の形状採得・模型制作等、診断に必要な資料をとります。

診断結果のご説明

現在の患者様の歯の状態をご説明致します。精密検査の結果に基づいて、個々の患者様に最善と思われる治療方針(治療計画・治療方法・治療期間・治療費)について、ご説明致します。よく分からない事などがございましたら、お気軽にご質問下さい。

治療開始

ご説明後、ご納得を頂きましてから治療開始となります。

治療計画に基づき、治療を進めてまいります。
装置を付けたら、通常月に1~2回程度の通院が必要です。この期間は治療内容に応じて異なりますが、15~30分程度の時間で装置の調節などが行われます。

矯正治療中のケアーで最も重要な事項に虫歯や歯周病にならないようにする事です。
その為にも、装置が入る前にブラッシングの指導を徹底し、良好なプラークコントロールの状態を確認してから装置が装着されます。

治療後の後戻り予防(保定期間)

全体的な歯の移動が終了すると、、歯の「後戻り」を予防し、咬み合わせの安定を図る為(きれいになった歯並びを保つ為)に保定を行います。

▲トップに戻る

矯正装置の種類

矯正装置は大きく分けると、器械的な力を用いて歯の移動や顎の成長のコントロールを行う器械的矯正装置と、それ自体はなんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の機能を整える機能的矯正装置の二種類があります。

床矯正

床矯正とは、あごを拡げて歯を並べる『保存』の立場に基づく非抜歯矯正です。床矯正装置は、入れ歯によく似た装置で、幼児でも簡単に取り扱いができます。
>> 詳しくはこちらから

マウスピース矯正

透明のマウスピースにより、歯を移動させる矯正装置です。生活シーンに合わせ、ご自分で簡単に装着でき、食事やお仕事中は外して頂けます。
>> 詳しくはこちらから

ワイヤー矯正

上下全部の歯の表面に矯正装置を接着しワイヤーを固定、ワイヤーの弾性力で歯を動かす方法です。
>> 詳しくはこちらから

▲トップに戻る

矯正歯科治療の相談

矯正歯科について 監修:すみとも歯科クリニック(世田谷区世田谷・上町駅の歯科医院)